記事一覧

アーセン・ヴェンゲル監督の解任と僕のサッカー人生について語る時に僕の語ること(村上春樹風改訂版)

「サッカーなんて退屈だ」と僕は言った。

小学生のときJリーグが開幕してサッカーが流行り、クラスメートがサッカーチームに入団する中、両親が共働きの僕の家は送迎や少年団の手伝いができないことから、形而上学的な意味でサッカーチームへの入団は許されなかった。

校庭の隅っこでリフティングやシュートの練習を一人でしている僕にとって、少年団で練習するみんなの姿はとても規律があり、それはシャチの大群を思わせた。
「遠くから見れば」と彼女は言った。「大抵のものは綺麗に見える」
「わかったよ」と僕は言った。やれやれ。

そして中学生になったときにサッカー部に入部したが、まるで白鳥の群れにニワトリが紛れ込んでしまったかのように、どう振る舞えばいいのかわからず困惑するだけだった。なにせ中学生というのは西風が吹けば勃起する年頃なのだ。

日本がワールドカップに出場して日本のサッカーへの関心が上がる中、反比例するように僕のサッカーへの情熱は無くなっていった。

誰も僕を助けてはくれなかった。誰にも僕を救うことはできないのだ。ちょうど僕が誰も救うことができなかったのと同じように。

ある日深夜に家に帰り、台所からコロナ・ビールを取り出しレモンを切って入れる。レタスとトマトとハムを包んでサンド・ウィッチにして食べた。テンビを何気なくつけるとプレミア・リーグ開幕戦が放映されていた。

そのプレミア・リーグの赤いユニフォームのフットボールは「頭をガツン」と殴られるくらいの衝撃だった。

18歳のその日から、15年間僕はずっとそのチームが一番好きでいる。

今でも目を瞑れば18歳のその日の衝撃はありありと感じられるし、それに付随して当時付き合っていた彼女との甘酸っぱい記憶も思い出すことだってできる(あのときこうしておけば、と思うことはある。しかしながら僕たちはその時のベストを尽くしたはずだ)。

僕はその虜になった。
だけど「完璧なフットボールなど存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね」と彼女は言った。
どういうこと、と僕は言った。
「物事には始まりがあり、終わりがあるの」

F3FC51E8-3222-4EDD-81F5-DBFAADC297ED.jpeg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヴェンゲル監督が退任を表明した。

1995年にノースロンドンへやってきてから約22年間に渡ってチームを率い、「1ー0のアーセナル」「退屈で守備的なアーセナル」と呼ばれていたチームを、魅力的で攻撃的なフットボールなチームに変化させ、さらには2003-04シーズンに無敗優勝(トータル49試合無敗)という金字塔を成し遂げた。

プレミアリーグでは823試合(473勝199分151敗、勝率57.5%)を指揮し、サー・アレックス・ファーガソン元監督の810試合を抑えて史上最多。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大学に入りサッカーを再開したり、指導者ライセンスを取得し小学生を対象にしたサッカークラブで働いたり、お金がない頃になけなしのお金でエミレーツ・スタジアム行ったときには涙が出た。

こうしてまたサッカーが好きでいられるのはヴェンゲル監督のおかげかもしれない。

結局のところ、好むと好まざるとに関わらず、あらゆるものは通り過ぎる。誰にもそれを捉えることはできない。僕たちはそんな風に生きている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント