記事一覧

ビジョナリーホールディングス(9263)

久しぶりに銘柄を調べていて興奮したなあ…

ビジョナリー?という聞き慣れない会社ですが、屋号はご存知「メガネスーパー」です。

メガネスーパーって、言わばちょっとダサい眼鏡を売るただ価格競争に負けた小売会社、ってイメージでしたが随分とビジネスモデルが変わっているんですね

カンブリアでもありましたが今のメガネスーパーは、アイケアに特化したメガネ屋で、カッコよく言えば「目の健康を売る」というそうです。

目が悪いというのはある種病気なんでしょうが、眼鏡によって症状が軽くも重くもなり、価格競争での安いメガネはその後遺症についてキチンと担保するものではなかった(見えるようにはなるのだが、それによる体のダメージや負担には目をつぶっていた)ということでしょう。事実私も普段はコンタクトですが、JINSで買ったメガネをしているとすぐに疲れてしまい、家の中限定使用となっています。JINSはとにかく検査があっという間に終わり驚いたのを覚えています。(そして不安を感じたのも)

老いていくまでしっかり目をケアしていきたい

というニーズありそうですよね?
歯に関してはその重要性が認識されて関心が高まりましたが、目に関しては「歯周病で死ぬ!」みたいなバイオレンスな脅し文句もないし、なかなかそこまでいくかは不明ながら、私個人の感覚としてもああニーズはあるだろうなと実感があるわけです。

ビジネスとは基本的にニーズによって生まれて、情報の非対称性によって価値や価格が決定されると思うんですが、メガネやアイケアの専門性を保有しながら安売り競走で疲弊→強みの再認識、そこからブルーオーシャンのビジネスモデルに昇華していったというわけです。

あとは
人口は減るのは間違いないが、目の悪い老人は増えるよな、とか

子供の頃からスマホタブレットを操るこれから子供たちのアイケアの関心が高まるのは必然だよな

補聴器の販売も好調なのは、眼鏡以外の老人向け商材も当然ひつようになるよな

街のメガネ屋さんの事業継承を図りながらのM&Aも期待できる

売り切りでなく「ケア」でつないでいくストック型のビジネスモデルへの変化は秀逸

お客さんを待つのではなく、セールスに行けるメガネ屋はすごいな、など

ぼんやり考えているだけでワクワクしてきまして、さっそく保有してます(もちろん含み損)

ま、いろいろ目をつぶらなきゃいけない銘柄ではなりますが、ここは時間かければどうにかなると思いますので、業績回復株で一撃を狙ってみましたとさ…さて。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> はじめまして!ズバリ100越え見てますか?

くーさんへ

まぁ買った以上は値上がりを期待していますので越えるとは思いますが、時間がかかることもあるかなと。
来期予想が大事なので決算注目です。

No title

お返事ありがとうございます。
早速YH越えましたね^^
決算まで時間あるので楽しめそうですね

くーさんへ

カンブリア放送での「材料出尽くし売り」が終わっての反転なので、地合いが悪くなければいい上昇になりそうですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えじる

Author:えじる
こんにちは、えじると申します。
30代前半の兼業個人投資家です。投資歴5年
株式投資でお金持ちになります。
Twitterアカウント→@gunnnnnnners
よろしくお願いします。
日本株パフォーマンス
2013年3月〜 +25%
2014年+73%
2015年+10%
2016年+35%
2017年+130%
2018年〜4/20 +32.4%