記事一覧

コメ兵(2780)続編

コメ兵の12月の月次がでましたね。

コメ兵月次

これで3Qの見通しが立てられそうなので予想してみることにします。

まず2Qまでで

2Q累計(連結)・・・①

売上 20,763
売上総利益 5,928
売上総利益率 28.6%
販管費 5,467
営業利益 461
純利益 295


ですね。

次に3Qの単体売上は出ているので、利益率を考えます。

201801092214236e3.jpeg

H30年度は前年度に比べて1Qで2.0ポイント粗利が改善しており、昨年ベースで3Qは1Qより1ポイント弱高くなるという傾向を考慮して、前年の27.5+2.5としてキリよく30.0%とします。

3Q単独(単体)予想・・・②

売上 10,894
売上総利益 3,268
売上総利益率 30.0
販管費 2,400
営業利益 868
純利益

となります。

タイヤ・ホイール部門とその他は開示がありませんので、前年と同数字を使いましょう。

前年度3Qタイヤ・ホイール+その他・・・③

売上 1,975
売上総利益 655
売上総利益率 33.1%
販管費 418
営業利益 236
純利益


②と③を合わせると以下になります。

3Q単独(連結)予想・・・④

売上 12,869
売上総利益 3,923
売上総利益率 30.5%
販管費 2,818
営業利益 1,104
純利益 662

※純利益はH30年度通期予想の営利→純利益率を使用して算出。

3Qまでの累計予想を求めます。

①+④
3Q累計(連結)予想

売上 33,632
売上総利益 9,851
売上総利益率 29.3%
販管費 8,285
営業利益 1,565
純利益 957



となり、H30通期予想の

201801092213161f0.jpeg


に対して3Qで利益を超過する皮算用となりました。

(ただし11月にローンチされたフリマアプリ「KANTE」の費用を入れていない(減価償却5年)のでもうちょっと下押しする可能性はありますが、粗利率の改善を逆に低めに見積もっているので、なかなかいい線いっているのではないかとひとりごちしています。)

上記の仮定の計算が正しい場合にはさすがに3Qの上方修正があるでしょうし、今期でEPSがどこまで行くのか楽しみです。

景気拡大、インバウンド、フリマアプリKANTE、大型店2店の通期寄与など、来期も増収増益が期待できる、まさにB級投資の星として頑張ってもらいたいです(切実)。

それでは。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えじる

Author:えじる
こんにちは、えじると申します。
30代前半の兼業個人投資家です。投資歴5年
株式投資でお金持ちになります。
Twitterアカウント→@gunnnnnnners
よろしくお願いします。
日本株パフォーマンス
2013年3月〜 +25%
2014年+73%
2015年+10%
2016年+35%
2017年+130%
2018年〜4/20 +32.4%