FC2ブログ

記事一覧

コメ兵(2780)後編

続いて後編です。

前編はこちら↓
コメ兵(2780)前編

前編では、利益が出る在庫があり、大型店舗の月次が好調でありさえすれば、今期予想以上の好決算が期待できるかもという考えでした。

ポジティブな面をさらにあげるとすれば、10月にはCtoCアプリのリリースを控えていて、飛ぶ鳥を落とす勢いのメルカリに待ったをかける模様です。ブランド品という信用が担保されることが優先事項の上にあがる商材を扱うには、フリマアプリではなく専門知識を経由したCtoCアプリという触れ込みで、なかなか壕があるかなと思います。

また、コメ兵はさまざまなECチャネルで販売をしていて、そこから実物を見てから決めたいという当然のニーズに応えて、店舗取り寄せするというサービスを行なっております(ECと実店舗の融合というか、悪くないシステムだと思います)。さらにはある店舗にいながら別店舗からの取り寄せも可能なようで、それも好調のようです。。


ただもちろん懸念がないわけじゃありません。


例えば5月にオープンした新宿ANNEX店(メンズ館)を調査したところ、高単価・高利益であろう時計やブランドバッグなどは少なく、それよりは劣るであろう洋服やスーツ、靴などが多く商品としてありました。利益の出る商品がそういったもので占められている場合には、思ったような売上が上がらなかったりするかもしれません(ただ5月までの月次の好調さが売上の良さは示している)。もしくは新店が思ったような売上自体が確保できないかもしれません。


20170627193803324.jpg
写真は新宿店


調査自体を平日に行ったので、お客が少なかったというのもあるのですが、そこまでポジティブな印象を受け取ることはできませんでしたね。。(ただ私は薬王堂の調査時にも全くネガティブでしたので、自分の直感はあてにならないんですけどね。。)


また上期の利益予想が低すぎるところを考えると、大型店の新店費用は相当大きくて、月次の良さが反映されない可能性もあります。

インバウンド需要が再加速なんてニュースもありますが、それだってブランド品に向くかどうかなんてわかりませんよね。

まぁそもそも景気に左右されるビジネスですし。。


総合すると

CtoCアプリがどうなるのかとか、メルカリに侵食される業態ではないのかとか、為替がどう動くのかとか、これからの世代はブランド品を買わないとか、そもそも景気に左右されるとか、景気が悪くなったらどうなるかとか、同業他社のが高く買い取るので仕入が難しくなるとか、

さまざまなネガティブもしくは未知数な外部要因は多くあるものの、現在確認できるエビデンスからすると6月月次及び(月次が良かった場合には)第一四半期の数字にも期待できて、ひいては今期業績の上振れにも期待できる、ということですね。



まぁ業績の回復を狙った投資でありそのぐらいのスタンスですので、値上がりしたら売却、6月の月次が悪かったら読みが外れたと思って売却、くらいに考えています。


見えない部分は見えないまま(エイヤしない)にしておいて、見える部分だけでの投資ということです。


まぁ、エナフンさんのいうB級投資ですね。。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えじる

Author:えじる
こんにちは、えじると申します。
30代前半の兼業個人投資家です。投資歴6年
株式投資でお金持ちになります。
Twitterアカウント→@gunnnnnnners
よろしくお願いします。
日本株パフォーマンス
2013年3月〜 +25%
2014年+73%
2015年+10%
2016年+35%
2017年+130%
2018年+10%
2019年+130%